テレビ番組制作会社
本文へジャンプ
先輩ADより


氏名:長谷
職種:AD(アシスタントディレクター)
業界歴:1年目 ※今夏入社
派遣先:テレビ局内
     




テレビ制作会社 ・労働者派遣事業・CM企画制作、テレビ番組の制作やテレビ番組へディレクター及びアシスタントディレクター(AD)を派遣しています。

テレビ制作会社 ビプラロゴ

各テレビ局や制作会社の幅広いジャンルの番組で
           派遣スタッフは活躍しています

【派遣事業部】|【ディレクターから一言】 | 【先輩ADより】 | 【AD失敗談】 | 【派遣実績】

INDEX

プライバシーポリシー
本サイトについて

採用情報

会社概要

派遣事業部

制作部

MAP

MAIL

TOP

入社して二ヶ月が過ぎ、

仕事、大都会東京、昼夜逆転の生活にも
少しずつ慣れてきた今日この頃。

わずか二ヶ月ではあるが
今日に至るまですごく・・・濃かった・・。

仕事、人間関係、社会人としてのマナー、
昼夜逆転の生活、
都会での一人暮らし・・・
不安になることばかりを抱えつつの新生活。

もちろん期待や、
興味のある仕事ができる喜びもあったのだが。

そして案の定入社1週間にして早速の挫折。
ニュース番組での
ADの仕事終了後、ロケ、
終ったら仮眠をとってまたニュース番組の現場に行く。


今となってはなんとかやりこなせるスケジュールだが、
入社したての自分には衝撃的な体験だった。
「こんなの体がもたない、無理だ。」心底思った。

他の社員にはできて自分にはそのスケジュールが
耐えられなかったことがすごく悔しかった。


 しかし、人間の「慣れ」とは凄いもので
日が経つにつれ、始めは無理と思っていたようなことが
出来るようになってきた。
すぐに諦めず、続けることの大切さをしみじみ感じる。

 

 まぁなんやかんやで濃い日々を送ってますが、
上京して思うことはなんといっても

「家族ってステキやん」
これに尽きる。
友達も、もちろん大切だけど
やっぱり家族の支えがイチバンだと思う。

離れて始めて気付くこの想い。
家族の健康を切に願う毎日。



視聴者の記憶に残る番組制作にたずさわりたいなぁ。

 

掲示板